Archive

親についての考察 ~その2~

2016年8月24日 - 00:00

うちは変わってて、私は小学校時代=転校12回、中学校時代=転校4回。

旅の一座ってワケではなかったが、なかなかの数やと思う。
小学校の時は一年に2回ペースで転校してた。

大阪の時は両親揃ってたり父親だけだったり。
広島の時は母子家庭のような感じやったと記憶している。

これもまた色々風変わりな記憶なので

   ◆ >> more で続きを♪

more »

親についての考察 ~その1~

2016年8月14日 - 00:00

「どんな親でも親は親」とかいう言葉があるが、
この言葉は人によっては地雷だ。

そう思える人はそのくらいの葛藤だったか、よほど心が広いかだ。
私は無理。

「母」という文字は最も見たくない文字の一つだ。

お母さんが大好きな方も多いと思うので、
たたみ記事にしておこう。

   ◆ >> more で続きを。

more »

日常の五心

2016年8月11日 - 00:00

「はい」という素直な心
「すみません」という反省の心
「ありがとう」という感謝の心
「私がします」という推進の心
「どういたしまして」という謙虚な心

自分はこう覚えていたのだけど、本当は下 ↓ のが正しいみたい

 「はい」という素直な心 
 「すみません」という反省の心 
 「おかげさま」という謙虚な心 
 「私がします」という奉仕の心 
 「ありがとう」という感謝の心 

 
検索したら、順番は多少違うけど内容は同じのがたくさんヒットする。
小さい頃は家のトイレとかにこれを書いた紙が貼ってあった。

一番よく使うのが「ありがとう」かな。打算なく使える。

他のは『えぇ~( ̄Д ̄;) 』とかいう場面も多いので安易に使えないw
「ありがとう」はその時の感謝の気持ちなので、素直に使える。

それにしてもこの 「日常の五心」 忘れずによく覚えてたもんだ。

「三つ子の魂百まで」ではないけど、
小さい頃に植え付けられた記憶って、意外と侮れない。

でもこれは心にとめといていいものだと思う。